HOME > 学ぶ・創る・繋がる > 文化庁事業

文化庁事業

文化庁「コミュニケーション能力向上事業」(文化芸術による子供の育成総合事業)

文化庁「文化芸術による子供の育成総合事業」に、学校でワークショップ型授業を行う「コミュニケーション能力向上事業」があります。Asibinaは2019年度、新宿区立富久小学校と花園小学校、墨田区立梅若小学校と江東区立大島南央小学校で実施の機会を頂きました。
国語科や道徳、生活科、国際交流、オリパラ教育などに位置付け、演劇教育の手法をふんだんに活用。コミュニケーション学習ならではの、仲間とともに対話や協働で深めあう、クリエィティブで楽しい学びの場となりました。

2019年度Asibinaは4小学校・8学年・ 42回・48時限を実施

コーディネーター団体申請枠

児演協・芸団協共催/事務局@児演協/新宿区内2校

花園小学校
1年生1クラス 45分×3回
生活科 「秋を探しに行こう」
5年生2クラス 90分×3回
総合 国際交流 オリ・パラ教育 「ドミニカ共和国のお友達に動画を作って送ろう」

富久小学校
3年生2クラス 45分×3回
国語科 「モチモチの木」


学校申請枠

学校が事前に主任講師を確定、授業案の原案を添えて申請

江東区大島南央小学校
4年生1クラス90分×3回
国語科 「のはらうた」 を元に構成詩 「ビオトープ野原うた」創作

墨田区梅若小学校
2年生3クラス45分×3回
国語科 「泣いた赤おに」
3年生2クラス45分×3回
国語科 「モチモチの木」
4年生2クラス45分×3回
国語科 「物語を作ろう」
5年生2クラス45分×3回
国語科 「ひみつを調べて発表しよう」

詳細は現在整備中です。